子どもが夜中に急病にかかったら!!
 *小児救急ホームページをご参考になってください。
小児救急支援アプリ
   
☆簡単にお子さんの病気やけがの緊急度が
判定でき、119番通報や 救急安心センター
おおさかにワンタッチで電話できます。

☆現在地から近い小児科系医療機関を
案内した地図を表示します。

小児救急電話相談(#8000) 夜間のみ:20時から翌朝8時 365日
   
  http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html (厚生労働省)
  自分で判断するのが難しいときに通話料のみで電話相談できます。
    #8000 (NTT]プッシュ回線、携帯電話)
     または 06−6765−3650 (ダイヤル回線、IP電話)

大阪府 小児救急ホームページ
  大阪府救急医療情報センター :06−6693−1199(24時間365日)
  「救急車を呼ぶほどではないが病院で診てもらいたい」ときや
  「医療機関や診療所の場所等を知りたい」ときに オペレーターが
  大阪府内の医療機関をご案内します。医療相談には応ずることができません。

救急安心センターおおさか 電話#7119 または 06-6582-7119
   
  「病院へ行った方がいいのか、救急車を呼んだ方がいいのか」「応急手当の方法」
  「救急病院の案内」など、突然の病気やケガで迷ったときに「相談員」「看護師」が
  「医師」の支援体制のもと市民からの救急医療相談に応じます。

日本小児科学会 こどもの救急〜おかあさんのための救急&予防サイト〜
   
生後6か月から6歳のお子さん対象
  *こどもの事故と対策
  *頭を強くぶつけた

こんな時どうする? 家庭で子どもを見守るために
  大阪府が啓発グッズとして作成した子どもを持つ家庭向け冊子です。
  熱が出たとき、吐いたときなど、どのように対処してよいかがわかりやすくまとめられています。
  大阪小児科医会監修です。

豊能広域こども救急センター(日曜・祝日の昼間、毎日の夜間)
     診療科目 小児科(15歳未満の小児)

大阪小児科医会
  「子育て通信」に小児科医から子育て中のお母さんへのメッセージ、
  種々の病気に対する情報が満載です。

   
本院 副院長の記事が載っているページ 
☆ ギュッとハグ  
☆ キャリアを積みながら充実した子育てを

☆ おっぱい 仕事を続けていてもあげたい
☆ 保育園生活
☆ マタニティーブルーズと産後のうつ病
☆ 産後のお母さんのためのセルフケア
☆ ゲームを買い与える前に
☆ 赤ちゃんとゲーム
☆ ヘルパンギーナ
 

先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症 患者会「トーチの会」
  
妊娠をお考えの女性、妊娠中の方、是非ご覧ください。
      
上手な小児科医のかかり方
  
大阪府医師会のホームページ内のコンテンツです。
  小児科に上手にかかるためのチェックシートや、
  子どもが熱を出したときの対応を学べる絵本、「おねつかな?」などがあります。

日本医師会 キッズクラブ 
  
お子様と一緒に健康について遊びながらご覧下さい。 
     http://www.med.or.jp/kids/index.html

日本医師会 しろくま先生の小児診療所
    



こころのオアシス
   大阪府こころの健康総合センター
   http://kokoro-osaka.jp/


   http://komedia.main.jp/


   http://www.rizumu-koshien.jp/koshien.cfm


   




 ☆中毒110番  化学物質(たばこ、家庭用品など)、医薬品、動植物の毒などによって起こる急性中毒について、実際に事故が発生している場合に限定し情報提供しています。
公益財団法人 日本中毒情報センターホームページ
  
開設時間 電話番号

大阪中毒110番  

365日
24時間対応

072−727−2499 

つくば中毒110番
※「つくば」とありますが、大阪の方でも
ご利用いただけます

365日
9時から21時対応

029−852−9999 

たばこ専用電話
※テープによる情報提供です

365日
24時間対応
072−726−9922            

※医療関係者が相談を行う場合は、有料です。


  AED/心肺蘇生法とは?



こどもの救急 iPhoneアプリ